化粧品を持つ人

シミに効く美容液が登場|今から美活を始めよう

効き目がないと感じた時は

女の人

保湿とUVケアが先決

見た目に良くないばかりか、老けて見える印象さえ与えてしまう顔のシミは、美白用の化粧品で改善を試みることが一般的です。しかし、期待したほど効果が得られない場合もあるかもしれません。美白化粧品ではシミ対策が行えるものの、コスメによりましては乾燥を招くこともあり、これが深く関わっている場合も考えられます。肌の乾燥はシミ対策ではマイナス要素ですから、先ずは保湿成分をたっぷり含んだ美容液で、乾いた肌を潤すことが先決です。それと並行して、紫外線もキッチリブロックしましょう。紫外線は夏に強いイメージもありますが、そのほかの季節でも常に降り注いでいます。真冬でも、一定時間浴びればメラニン色素を作りますので、冬は大丈夫と油断をしておりますと、UVケアが手薄な分、大きなダメージを被るリスクがあるのです。そのうえ寒い季節は空気が乾いていますから、お肌も乾燥しがちになります。さらに、そこへ美白化粧品による乾燥が重なった場合、皮膚のバリア機能は一層低下して、より紫外線の攻撃を受けやすくなるのです。もしもその状態なら、シミは消えるどころか、むしろ増える可能性さえあるでしょう。しかも皮膚の乾燥は、ターンオーバーのサイクルにブレーキを掛ける要因でもあるのです。ターンオーバーは、できてしまったシミを浮き上がらせ、新しい綺麗な皮膚を再生する唯一の手段ですから、それを効率的に行ってもらうためにも、美容液での保湿が大切になります。保湿を目的として美容液を選ぶ場合は、ヒアルロン酸やセラミドなど、高い保湿力の成分が入っている物を探しましょう。また、プラセンタを配合している美容液も魅力的です。