化粧品を持つ人

シミに効く美容液が登場|今から美活を始めよう

症状に合わせたケア方法

婦人

種類と効果的な成分

顔にできるシミにはたくさんの種類が存在します。その種類によってケア方法は大きく異なってきます。有効成分を使った美容液などを使用して自分でケアができるシミは、紫外線が原因となって出来た老人性色素斑といわれるものです。多くの人がこのタイプに悩んでいます。もう一つは虫に刺された跡やニキビの跡が残ってしまい色素沈着してできる炎症性色素沈着というタイプです。美容液などを使用しても自分で治せないシミは主に遺伝が原因のそばかすや、肝斑や体に出来やすい花弁状色素班などがあります。そばかすは遺伝によってできますが、紫外線のりょうや刺激によって数が増えたり濃くなることがあります。自分の力で治すことはできませんが、病院や美容外科などで専門的な治療を受けると軽減させることも可能です。自分で消せるシミの方法は、有効成分が含まれた美容液を使用するととても簡単です。その中でもビタミンC誘導体という成分は、これからのシミを予防するのと合わせてできてしまったシミに対しても働き薄くする効果が期待できます。次にハイドロキノンという成分は美肌効果がとても高く、シミに対しても有効です。美容液を選ぶ際にはこれらの成分が含まれているのかを確認しておくことが大事です。シミケアする美容液を購入する際には、有効成分の他にも長く続けられるものか十分に考慮しましょう。購入する時にネックになるのはその価格です。いつまでもその価格で使用することができるのか考慮した上で納得のいく商品を選ぶことが大切です。